トップページ
会長ご挨拶
歴代会長ご紹介
会の目的・運営・事業
支部ご紹介
展覧会
書道教室
月刊誌・出版物
イベント情報
本部所在地

日本書道研究会の事業内容の一環として、当会では三大展覧会を開催しております。  (展覧会名をクリックすると各展覧会説明へジャンプします。)

  • 書心展(公募展)   於:東京都美術館
  • 書心学生展(公募展) 於:東京都美術館
  • 日本書研展(師範位取得者による一門展) 於:上野の森美術館

■書心展
当会は、長い伝統に培われてきた書道を古典によって真面目に研究し、確固たる基礎を築きつつ書の向上発展につとめてまいりました。ここに斯界への登竜門として、「書心展」という一般対象の公募展を開催しております。
当会最大のイベントである「書心展」は、上野の東京都美術館に於いて開催されます。古典を真摯に研究した力を、余すところなく発揮した作品が毎年出品され、好評をいただいております。

一般部(公募)の優秀作品には、褒賞として

東京都知事賞・東京都議会議長賞・全日本書道連盟賞、
日本書道研究会名誉会長賞・会長賞・顧問賞・書の心賞
特選・秀作・佳作・入選

が授与されます。

また当会では、第52回展より将来の書道界を担う若い世代を発掘・育成するためにU23の部門(書心展開催最終日までに満23歳以下)を設けています。

U23の部(公募)の優秀作品には、褒章として

新鋭賞・優秀賞・特選・秀作・佳作・入選

が授与されます。

70歳以上の書道愛好家には、敬老部において優秀作品に「敬老賞」が授与され、楽しみながら学ぶ学習教育としても、本会は後押ししております。併せて役員の「一般部審査員」・「一般部鑑査員」・「学生部審査員」の各部門別作品の展示もあります。

一般部鑑査員の優秀作品には 書心大賞・準書心大賞
学生部審査員の優秀作品には 書心賞・準書心賞・奨励賞
・優秀賞・学生部審査員の部特選・功労賞

が授与され、書心大賞・準書心大賞・書心賞・準書心賞の受賞者は日本書道研究会の将来を担っていただける書家として、それぞれ昇格推薦されます。

掲載している写真は今年度(令和3年11月10日〜11月16日)の展覧会会場風景・授賞式の模様です。動画は第56回書心展で行われたギャラリートークの模様と、第56回書心展の模様です。

第56回書心展展示会場風景
書心展受付風景書心展展示
書心展展示書心展展示
書心展展示
第55回書心展 授賞式
授賞式
第56回書心展ギャラリートーク前編(動画 15分59秒)
第56回書心展ギャラリートーク後編(動画 15分23秒)
第56回書心展 (動画 19分30秒)
 

■書心学生展
幼年から高校生までの作品を一同に集めて展示する展覧会です。
本年の書心学生展席書大会は新型コロナウィルス感染拡大のため中止され、席書で書く予定だった課題を「席書課題部門の部」として各教室で書いて出品しました。
公募・席書課題部門の部の作品共に11月10日(水)から11月16日(火)まで上野の「東京都美術館」に展示されました。

公募の部

東京都教育委員会賞・全日本書道連盟奨励賞
日本書道研究会名誉会長賞・会長賞・顧問賞・書の心賞
特選・入選
(高校の部では、金賞・銀賞

席書の部

東京都教育委員会賞・全日本書道連盟奨励賞
日本書道研究会名誉会長賞・会長賞・顧問賞・書の心賞
席書特選・席書金賞・席書銀賞

優秀支部

団体優秀賞

写真は令和元年7月14日(日)に開催された第54回書心学生展席書大会会場風景と令和3年11月10日〜11月16日に東京都美術館で開催された第55回書心学生展の会場風景・授賞式の模様です。
動画は「書心学生展」と第54回席書大会の模様と、第55回書心学生展の展示会場・授賞式の模様です。

第54回書心学生展席書大会風景
席書大会席書大会
席書大会席書大会
第55回書心学生展 受賞作品
書心学生展
会場風景
書心学生展書心学生展展示
授賞式
書心学生展展示
書心学生展(動画 11分22秒)
第54回書心学生展席書大会(動画 5分49秒)
第55回書心学生展 (動画 16分47秒)
 

■日本書研展
日本書研展」は当会の漢字及びかな部において師範位以上の一門展として毎年東京・上野公園内の「上野の森美術館」にて開催しています。「日本書研展」は一般公募の「書心展」の大作とは異なり、古典の追究を怠らずに培ってきた書力を様々な型式に応用し、その研究の成果を発表する場です。
本会の創立110年目となる令和3年度の「日本書研展」は、「創立110年記念展」として5月18日(火)から24日(月)まで開催されました。当初は新型コロナウィルス感染拡大防止による緊急事態宣言が解除されてからの開催でしたが、宣言が延長されたため来場者を本会の関係者のみに限定し、感染予防対策を万全にして開催しました。また今年度は記念展の為、「上野の森美術館」の1階と2階を全館貸し切り、出品資格を従来の師範位に加え、段位以上の正会員にも広げたため出品数が増えました。
第1回展を日比谷画廊で開催以来、はや半世紀が過ぎ、現在は顔真卿の研究を主軸にしながらも、あらゆる分野で会員各自が自由に研究し、視野を広めながら書活動に励んでいます。このような成果が個性や味わいとなって、今年の作品にも大いに表れているように思います。今年度は例年より大きいサイズの和紙に書かれた重厚な漢字作品や、選び抜かれた料紙にしたためた品位あるかな作品、役員の先生の端正な巻子作品なども展示され、来場者の心に響く作品もたくさんあり、記念展に相応しい展覧会となりました。個性豊かな見応えのある作品の数々がどの部屋にも飾られ、作品の前では来場者が足を止めてゆっくり鑑賞する姿も見受けられ、無事開催されたことに安堵しました。
写真は、令和3年5月18日(火)から24日(月)まで開催された創立110年記念展の会場風景。
動画は創立110年記念展の会場風景。
「日本書研展の歩み」(創立110年記念展改訂版)
「日本書道研究会の歴史」(創立110年記念展改訂版)


創立110年記念展(第56回日本書研展)会場風景

(動画9分57秒 令和3年5月18日〜24日開催)

創立110年記念展(第56回日本書研展)「日本書研展のあゆみ」

(動画9分55秒 令和3年5月18日〜24日開催)

創立110年記念展(第56回日本書研展)「日本書道研究会の歴史」

(動画12分55秒 令和3年5月18日〜24日開催)

このページのトップへ 書心展書心学生展 日本書研展